こんばんはみさとです。

これだけブログを書いておきながら、破廉恥な話をテーマにすることは、純情シンデレラガールな私にはできないかな…と思っていたのですが、今日はめでたいめでたい成人の日なので書きます。



だいぶ前になるんですが、知り合いの男性と致したときの話をします。

あの日は先輩の社会人サークルの飲み会へ遊びに行ってきたんですけど、タイプの人もいないし、ちょっとアウェイな感じだし、これは飲むしかないな~とみんな大好きフルーティー米焼酎鳥飼をけっこうな勢いで飲んでいたんです。
そしたらウッカリ飲み過ぎて、トイレでうずくまってたら終電逃しまして。とりあえず名駅からちょっと離れたところのコンビニまで来れたはいいものの、そこから動けなくなったんですよ。


やべえコレどうすっかな~タクりたいけど家まで30kmあるし貧乏な私には無理だな~とコンビニで唸っていると、偶然にも、知り合いの男の人がコンビニに野菜ジュースを買いに来たんですよ。仕事終わりで今から家に帰るところだった彼、彼じゃあれなんで、ポケモンのゴーリキーに似てるからゴーリキーにしますね。

img1421080144321


ゴーリキー(29)が「えっ…名古屋じゃん…こんな深夜にどうした大丈夫?」と声をかけてくれたので、「大丈夫じゃないです…」とメソメソしたら、車で送ってくれるというのでワーイ女子大生で良かったな~☆と乗せてもらったんです。

ことは車内で起こりました。みなさんもよくご存知、車の中っていうのは最高に手が出しやすいんですよね。とりあえず車で手を出してみて、ダメなら引く、いけそうならそのまま、そういうのあるじゃないですか。そういうの。「俺んちでDVD観ない?」という誘い文句を訳すと「俺んちでそういうことしない?」になるのと同じ類のやつですよ。

車内で突然ゴーリキーにアプローチをかけられて、わたしは思いました。まあしてもいいかな。でも車は狭いし嫌だな。この思いを酔っぱらいが一言で言うと単刀直入に「するならホテルに行きましょう」になります。もうその言葉に可愛げとかないです。吐き捨てるように言いました、酔っぱらいだから。ホテルの案内とかしちゃう、酔っぱらいだから。「ここからならあそこのホテル近いですよ」とか言っちゃう。でもさすがにお会計のときに割引券は出せないよね。他の人と泊まるときにもらった割引券を違う人と泊まるときに出したらさ、もうプロでしょ。行ったことのあるホテルでも「わー!初めて来たー!アメニティすごーい♡(ここコテあるからありがたいんだよな…)」と言葉をグッと飲み込み偽りのオブラートに包むのは人としての嗜みで、それをしなかったらもう人から畜生に堕ちてしまうと思う。


そういえばゴーリキーの紹介をしていませんでした。ゴーリキーは29歳で、名古屋に凱旋してきた青学ボーイです。そこそこいい企業に勤めていて、長く付き合っている彼女さんがいました。

あの頃の私は性格が悪く、彼女持ちの男性とうふんあはんするのがわりと嫌いじゃありませんでした。ブスでスタイルもよくない私ごときと寝ることで彼女を裏切るだなんて最低の人だなあと男の人を馬鹿にすることに多少の優越感を得ていたんだと思います。根暗にもほどがあるし悲しいし可哀想ですね。なんだか一気に暗い話になりました。ちなみに既婚者とは死んでもしない主義ですからね。民事怖いからね。やっぱり寝取りとか寝取られは傷つく人が多少なりともいるので、二次元だけにしておきたいですね。


話を元に戻します。

ホテルについた私たち。シャワーに入ってから、まあ普通にちゅっちゅ♡とかまあそういったことをして、口で致す際に「口に出していい?」と聞かれ「そのままベロチューしてもいいならいいよ♡」と返し、「えっ…それはちょっと」と引かれたりしました。これは余裕でオッケーな人と、嫌がる人がるように思います。えーそれやってくれる彼氏いるよ!唾液交換ならぬ白濁交換するよ!っていう人は、彼氏さん、大事にしてあげてください。

そんなこんなで、ゴーリキーが私の膝をね、パカーッと割ってきたので、おっ手でしてくれるのかな?と思うじゃないですか。そしたら違ったんですよ。顔が降りてきたんですよ。ウィーンって。
あっそれする人なんだ、と思いつつ、「すいません私それダメなんです」と申し訳ない気持ちで断りました。いやほんと何の話をしてるんだって感じなんですけど、わたしあれNGなんですよ。普通に恥ずかしいのと、処理がね、甘いとね、まずいかなって。急遽致すことになってしまうと、体のメンテナンスができていないんですよね。常につるっつるのすべっすべでいられればいいんですけど、彼氏もいないのにそんなん面倒くさくて普段肌とかざらっざらですからね。うふんあはん用のお手入れは「なんかこの日たぶん致すのではないか…?」っていう予想をして前日に体のすみからすみまで手入れして、野ざらしの豚のような身体から女の子の身体に作り変えてるんですよ。ピーリカピリララ ポポリナペペルト~ですよ。ハウスオブローゼのオー!ベイビーとかもうすごい勢いで消費しますよ。


だから、急遽のことで毛の処理がいまいち不安だったわたしが断ってしまうのはね、許して欲しいんです。

そしたら彼は断る私に不本意そうな顔をして、一呼吸おいた後、そのまま彼のリトルボーイをインしようとしてくるわけですよ。
おっと…?待って待って、待って?いや、待って?って。なんて言ったらいいのかな、まだ私の下半身というかホールというかごめんなさい上品な言葉が出てこないんですけどとりあえずノータッチじゃないかなって。ノータッチでインしちゃうのかなって。制止の声をかけたわたしに、彼は「……?」って不思議そうな顔してくるんです。いやこっちが不思議だから。摩訶不思議だから。私「もう入ちゃう感じ…?」ゴーリキー「だってダメなんでしょ?」私「いやそれはダメだけどほら、手とか、手。」っていったら「手…?」ってまた不思議そうな顔をするんですよ。

あっこれはやっちまったなって。摩訶不思議ボーイにあたっちまったなって。ポケモンの技で例えたら、なぜか「したでなめる」「みだれづき」の二択しかないわけですよ。ビックリしちゃって。ミルタンクめっちゃビックリしちゃって。

そこでミルタンクは考えたんだけど、彼の彼女さんはいつもこういう感じでやってんのかなって。このゴーリキーが「したでなめる」と「みだれづき」しか覚えていないのは、彼女さんの趣味なのかな?彼女さんはこのふたつだけでいいタイプなのかな?聞きたいけど「お世話になっております彼氏さんを一晩お借りしました名古屋と申しますが、彼氏さんのプレイについて、いくつかお伺いしたい点がございまして、ご回答いただければ誠にありがたい次第です。」なんて真摯に聞くわけにはいかないでしょう。
 

いろいろな考えが一瞬のうちに頭を駆け巡った後、とりあえず、手ではしていただけないだろうかと交渉をしたところ、それはちょっと…みたいな顔するんですよ。それはちょっと…?
なぜ舌ではできて、指ではできないのか。いや逆はね、聞きますよ。においとかね。でもこのパターンは私初めてでなにをどう言ったらいいのか。これ論じられる人いる?レポート書ける?


その後は「わたし…あなたがわからないの…」状態で疑問符を浮かべながら致していたように思います。あとなんか正直彼のディグダもしっくりこなくて、いやこれはちょっとあれだったな、まあな、そういうこともあるわな、と思いました。どんなにたのしい情事でも、ディグダがしっくりこないと本当に楽しくないよね。もう他がダメでもディグダさえしっくりくればそこそこだし、ディグダがダメだと惜しいよね。これは相手のディグダが悪いというより、わたしのパルシェンの具合が問題ってところもあるから、どちらが悪いって話でもないんですけどね。


いろいろとポケモンで例えてしまいましたが、ポケモンについて詳しくない方もいらっしゃると思うので、一応イラストを描いておきますね。参考にしてください。

新規キャンバス

今私は任天堂本社およびポケモン本社の方向に向かって土下座をしています。





そういえば最近、高校の同級生に「わたし不感症なんだけど…どうしたらいいのかな…」って不安げにカミングアウトされて、「えっ、好きな人としても?」「うん…」「本当に好きな人?」「うん」「………心を、やらしい方向へ開放的に、したらいいんだと思う」って絞り出したらめっちゃ嫌な顔されました。すいませんでした。いやでもね、パブロフの犬みたいに好きな男の子の痴態に興奮できるパブロフ系女子にそんなこと言われたってね、難しいよ。不感症ってパブロフ系女子から言わせると、「右足出して~♪左足出すと~♪歩けない…」みたいな話だからね、な、なんで歩けないの!?!!?!!?みたいになっちゃうからね。 友達を建設的な言葉で励ましてあげられるようになるために、もっと世の中のことを勉強しようと思いました。



今日はもう寝ます。

 - - - - - - - - 


2016年4月、この度ブログが移転しました!
お引越し先はこちらです。今後はこちらで更新していきます。

名古屋みさとが頑張るブログ

今までの古い記事も持っていっているので、他の記事はこちらでよんでいただけますと幸いです。
今後もどうぞよろしくお願い致します!