こんばんはみさとです。

 

新大学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 

私も先日卒業しまして、4年間の大学生活の中でいろいろとありましたので、若い大学生の子たちのためになるような記事を残したいと思います。

 

私は昔、それはそれは芋っぽい高校生で、彼氏なんか一人もいなかったんですけど、「くっそこのまま暗いままで終わってたまるか!!大学デビューすっぞ!!」と意気込んだ結果、大学に友達がたった4人しかできず、ひたすら学外で合コンをして、飽きたらインカレサークルにいくつか入り、それも飽きたら引きこもってパソコンばっかりカタカタしていたような大学生活だったので、参考にできるかはわからないんですけど、「大学デビューすっぞ!」とか考えている地味な女の子は同じ轍を踏まないようによかったら参考にしてね。
 


 

友達の作り方・所属するコミュニティの話について


新大学生の子に一番聞かれることがここらへんです。

「友達ができるか不安です」
「入る大学に知り合いが一人もいなくて困っています」
「みんな既にSNSで仲良くなってるみたいで出遅れました」


これらについては、たぶんどうにかなります。

 

私の大学は初登校が入学式だったんですけど、新一年生の時、入学式に行ったらなんかみんなもう友達ができてて「なんでみんなもう友達いるんだよ初日からぼっちかよってヒヤヒヤしました。
ただ次の日の新入生説明会みたいなやつで隣に座った女の子に勇気を出して話しかけたら、笑顔で応対してくれたので、話の流れで「私この大学に知り合いひとりもいないんだよね」って言ったら、その子の友達の輪に入れてくれました。優しいね!

 

ちなみにそいつが地味でモサい新女子大生だった私が合コン狂になったきっかけの話に出てくる梨沙子です。いいキャラしてました。

梨沙子とはわりと気が合って1~2年の間、一緒に合コンに行ったりパーティーに行ったりしてくれたのでありがたかったですね。「ねえ今度行きたいイベントがあるんだけど」と言ったら詳細を聞かずに「いいよ」と言ってくれる子だったので貴重でした。

1年生のとき『梨沙子の彼氏なんで夏でも長袖着てるんだろう』と思ってたら刺青背中から腕までビッシリ入ってることを知って椅子から転げ落ちるかと思ったのも、その彼氏の連れてきたご友人との飲み会でああこれ命の灯火消されちゃう系かな…と震えたのもいい思い出です。いい思い出です。


話を元に戻しまして、初日とかはやっぱり緊張すると思います。でもね、高校生のときより、大学生のときの方が心に余裕が出てくる人が多いと思うんです。だからみんな周りに優しいです。高校生のときよりずっと大人です。なので、困ったときは周りに話しかけれは大体の人が助けてくれます。私はクズだったのでいつも周りに助けを求めていましたが、助けてくれない人に出会ったことはないです。それは友達作りにおいても一緒のことなので心に留めておいてください。みんな優しいから、勇気を出して話しかけよう!はなしはそれからだ!

 

たぶん、新入生説明会みたいなやつは学部学科ごとでやることが多いので、そこで友達作っとくと授業一緒に受けられたりして楽かもしれないですね。わりとここは本気出して友達作りに行く場面かもしれませんね。

同じ大学でも他学部だと、一般教養以外は取る授業が違うから一緒に受けられないんだよね。



あと、新大学生の子から「服とかどうしたらいいの!?」というような話も聞かれたんですが、最初はまあ頑張ったほうがいいんじゃないかな!と思います。
簡単にいえば、話しかける際の指標になるのが「髪型」「服装」「化粧」あたりになってくるんですよ。
一概には言えないんですけど、性格などを始めとした中身の情報がまったくない状態だと、やっぱりみんな自分と同じ系統の雰囲気を纏っている子のほうが声をかけやすいというところはありますよね。金銭感覚の指標にもなりますしね。プラダの鞄持ってる子と、ローリーズファームの鞄持っている子の話が合うかというと微妙だと思いませんか。いや共通の趣味や話題があれば別ですよ!でもそれ外見でなかなか判断しづらいからね!

なので、「わたしはこういう系だよ~」というアイコン的な意味で、外見は頑張ったらいいんじゃないかと思います。今まで地味だったけど頑張りたい子は、派手な格好するのもありだと思うよ!そういう大学デビュー勢いっぱいいるよ!

ちなみに、高校のときはスッピンだったから化粧の仕方わかんねえ~って子はぜひこの記事を読んでね!

化粧のことがなにひとつわからない人が、化粧を上手にする方法について考えてみる

昔書いたやつなんだけど、化粧の基礎の基礎から書いたのでまったくわけわからん状態の子にはオススメしたいです。



まあそんなこんなで頑張って友達をつくろうって話なんですけど、色々な努力をしても運悪く友達ができないということもあります。一応友達はできたのに、なかなか馴染めないこともあります。


最近、1年生とか2年生の子によく聞かれることの一つに、

「大学(またはサークル、バイト)で仲の良い友達ができないor少ない」
「自分の悪い噂が大学(またはサークル、バイト)で広まってしまって気まずい」
「キョロ充が辛い」



というような話があるんですけど、私からは、


そんなコミュニティなら捨てちゃえば?


と伝えたいです!大学生はね、辛かったらコミュニティを捨ててしまっていいんです!イエーイ!
まあ捨てるって言うと聞こえは悪いですが、固執する必要はないんじゃないかな、と思います。

理由を簡単に説明すると、高校生の活動範囲にあるコミュニティっていうのはだいたいこんなもんじゃないかなと思うんです。

高校

バイトや留学もあるっちゃあるけど、数が多いわけじゃないと思うので今回は抜いときました。
まあでも大体の子が、クラスの友達か、部活の友達と遊んでいたと思うんですよ。
逆に言ってしまえば、クラスや部活で嫌われるとむちゃくちゃ辛かったと思うし、ひとりにならないように友達の顔色を伺って過ごしたことがある子もいるんじゃないでしょうか。



それと比較して、大学生の行動範囲にあるコミュニティがこんなもんじゃないかなと。
 大学生


簡潔に描きましたが、インカレなんて腐るほどあるし、バイトや留学は高校生の時より広い範囲から選べると思います。高校生のときより外側へだいっぶ広がるんですよ!これはもう1年生の時点で気づいておきたい!可能性がむちゃくちゃに広がるからね!

これだけ選択肢があれば、今いるコミュニティに拘る必要ってそんなにないんじゃないかな~と思うんです。
大学生だからね、サークルやバイトはホイホイ他のに入ったっていいんです。今までのを辞めなくても、かけもちで入っちゃえばいいんです。
大学はまあそう簡単に変えることはできませんが、大学のコミュニティがしっくりこなかったら他で補うっていうことができるんですよ。「大学は授業だけ出るけど、遊ぶのはインカレサークルの友達ばっかりだ~!学祭もうちの大学じゃなくて他の大学に出店したよ~!」みたいな子も少なくないです。私もそちら側です。

コミュニティの使い方は様々で、例えば大学ではノリのいい学生、バイト先では貞操観念の薄い若者、サークルでは面倒見のいい先輩、インターンでは真面目な学生など、顔を使い分けて遊ぶこともできます。

私の友人の話をすると、彼女は大学にいるときだけ可憐な淑女で授業態度もいい優等生だったことから、周りの皆は「お淑やかな巨乳」と彼女のことを呼び、彼女も恥ずかしそうに照れ笑いしていましたが、バイト先に訪れたお金持ちの社会人を食いまくり彼氏が常に4人くらいいたことを知る私としてはいやいやいやフル活用されている巨乳だろあれは…と常々思っていました。こういう成人向け漫画みたいな話がたくさんある、これが大学生です。

 
大学生の魅力はこのコミュニティの多さだと私は思っています。どういう風にでも使えます。


なので、春から大学生の子はそんなに心配しなくても、ダメだったらダメで他の場所で友達作ればいいし、今バイトやサークルで上手くいっていないとか、新しくなんか始めたいって子は次行ったらいいんじゃないかな。

 



だいたいは書いた気がするので、次はサークルの選び方編に行きます!
友達の作り方に連動した話だし、こっちのほうが詳しく書いたので良かったら見てね。

新大学生向け!サークルの選び方



 - - - - - - - - 


2016年4月、この度ブログが移転しました!
お引越し先はこちらです。今後はこちらで更新していきます。

名古屋みさとが頑張るブログ

今までの古い記事も持っていっているので、他の記事はこちらでよんでいただけますと幸いです。
今後もどうぞよろしくお願い致します!