前回の友達の作り方編を読んでくれた子はどうもありがとう!
次はサークルの選び方編にいくぞ!


「先輩に誘われてるこのサークルに入るんだ~」って既に決まっているイケイケガールズとか、「サークルや部活なんていう枠にはまらなくても、僕にはもう決めた指針があります」みたいなしっかりした子にはあんまり参考にならないかもしれないんだけど、「いやもうサークルとかわからんっすわ…なんかお酒飲んでコールしてはしゃいでるイメージしかないっすわ…」みたいな子はぜひ読んでみてね。一概にこうとは言えないのでこの記事を鵜呑みにしてはいけないけれど、参考にはなると思います。

 
 

まず、新大学生の子に「そもそもサークルとか入った方がいいの?」って聞かれたんだけど、私は入ったほうがいい派かな。
サークルはどっぷり浸からなくてもいいものだし、楽しい楽しくないを別にしても、いろいろな情報が入ってくる場になるので、週6バイト必須みたいな忙しい子じゃない限りまあ籍を置くだけでもしたら?って感じ!

 

サークルの説明は意外と難しかったので、ものすごーく大きーく2種類に分けて説明していくことにします。

 
 

チャラい系サークル

例 イベサー、飲みサー、フットサル、ボード、テニスなど

 

チャラい系サークルの特徴としては、とりあえず仲間内ではしゃぐことを目的にしていることかな!季節のイベントもわりと豊富だし、よくみんなが創造する「夏はBBQ!冬はボード!酒!男女交際!酒!!!!男女交際!!!」みたいなのはわりとこっちだと思うよ。ブログの仕様であんまりえっちなことが書けないんだけど察してね。大学生としての楽しさが詰まっているよ。わかりやすい青春だよ。

わりと内輪ノリのサークルが多いので、1年の新歓で入らないと、途中からは入りにくいかな。中に友達がいて甲斐甲斐しく紹介してくれるとかなら別だよ!

 チャラいことはチャラいんですけど、イコールダメ人間というわけではないので安心してください。チャラサーから優良企業に内定キメてく先輩むちゃくちゃたくさんいるよ!ぅゎ!コミュ力っょぃ!
 

この前新大学生の子に「飲みサーと運動系サークルの見分け方はありますか?」というようなことを聞かれたんですけど、大学生というのはお酒を飲みたがる生き物なので、だいたい、お酒を飲みます。これは、もうどうしようもないです。

ただ、『テニスは趣味程度!初心者大歓迎~!男女の出会いを大切に♡』っていう出会い系サークルもありますし、『テニス経験者集合~!大会バンバン出ていくぞ~!』っていう肉体派サークルもあります。両方お酒は飲みますが、活動内容の柱は全く違いますね。

前者はほとんどがサークルという括りですが、後者はサークルというより部活という括りであることが多いように思いますね。小中高部活でやってきたスポーツを大学でも極めたい!っていう子は部活の方を覗くと早く見つかるんじゃないかな~と思います。

 

 

真面目系サークル

例 ボランティア、英語(TOEIC)、その他外国語、就活関係、弁論など

 

真面目系サークルのいいところは、やってることがわかりやすくてネタになるところかな。大学生活の先には就職があるのはみんなわかってると思うんだけど、その就活で「大学生活でなにやってた?」っていうのは絶対に聞かれるところなので、大学生活で特になにがしたいとかまだ決めていない子は、こういうお固くて見栄えのするサークル活動がひとつ手札にあると、気が楽かもね!
 

あと、真面目系サークルはわりと途中から入りやすいところが多いよ。「これがしたい!」という熱意を持って入ってくる人を仲間として学年関係なく歓迎する風土があるというか。私は途中から6つくらいのインカレに入ったよ。
 まあ最初から入れば、その分年下として可愛がってもらえるのでお得だからね!最初から入ることにこしたことはないよ!

 

あとはね~、真面目系インカレはわりと学歴高め&途中から入れるっていう特徴があるせいで、そこに素知らぬ顔で入って男を食っていく女子大の地味な子とかもいたかな。
勘違いほうがいいなって思うのは、真面目系サークルだってお酒をいっぱい飲むところは多いし、新女子大生を食っちゃうところは食っちゃうよ!サークルの活動内容と、所属している人間のカラーは対応するものではないから、必ず新歓や見学で確かめてね。
 

 

私は1年の春に入ったチャラいサークルがイマイチ合わなかったので、社会人と学生が混ざっている真面目系インカレサークルに入ったんだけど、1年生のときから社会人の仕事の話とか聞けたのはよかったかな。旧帝からフリーターまでいるサークルでね、タメになったよ。就活関係のサークルもよかったですね。就活ガチ勢の先輩ができると、就活に向けてどんな準備をしたらいいか手取り足取り教えてくれるので、むちゃオススメです。就活に強い先輩は心の支えのためにひとりはいたほうがいいです。就活関係のサークルに入らずとも、どこかで確保しといてください。


どちらがいいという話ではなく、自分の目的と、合う合わないをすりあわせて決めたらいいんじゃないかな。「うわーこういう人になりて~!」と思える先輩がいるところもオススメだよ。


 

サークルの探し方

わりと探し方がわからないっていう子は多いね!わたしも正直よくわかんないや!

まず、学内のサークルなら春に全部のぞきにいけるから、気になるところを覗けばいいよ。

ただあまり関わりのない学外のインカレサークルってツテがないと意外に探しにくいんだよね。チャラい系は特に。

入学式とかで、サークルのチラシを山ほどもらうと思うので、そこから良さ気なのをピックアップするとか、友達に気になるサークルがあるか聞くとかで頑張って探しだしてね。

 

だいたいどこのサークルにも新歓があるんだけど、別に新歓行ったからって入らなきゃいけないわけじゃないので、とりあえず新歓は行きまくるといいよ。行ってみないと雰囲気わかんないからね。どんだけでも見学しにいってみてね。自分の思ってたのと違うと悲惨だからね。

 

真面目系サークルについては、けっこうSNSなんかで情報を発信していたりするので、検索してみるといいよ。

あとはね~、サークルでぐぐると出てこないけど、学生団体でぐぐると出てきたりするかな。学生団体なんてもう廃れちゃったけど、未だに真面目系サークルを探し出すワードとしては優秀だよ。

私は1年の冬くらいにフリーペーパーやりてえな~って思って、とりあえず検索して見つけた大きめのサークルとコンタクトを取って、「わたし詳しくないんだけど、他にフリーペーパーのサークル知ったら教えてよ!」つって教えてもらったサークルの中のひとつに入りました。みんな優しいから『困ってる真面目な学生ですふええ』みたいな顔してればなんでも教えてくれるよ。その後そのサークルは3ヶ月位でやめて、また違うのに入って、かけもちして、みたいなことを繰り返していたよ!

ひとりで馴染みのないコミュニティに入っていくのはわりと緊張するかもしれないけど、慣れてしまえば気にならないし、なによりみんな優しいので大丈夫です。ガンガン乗り込んでこ!



番外 お酒との付き合い方

先ほど、「大学生はだいたいお酒を飲みます」と言ったので、お酒の話をしておきます。
多くの人がサークルや部活、その外でも飲む機会があるんじゃないかな。

わたしとしては、みんなある程度飲んだらいいんじゃないかなと思います。

酒飲みの友人たちが後輩に言うこととして、

さけ

という格闘漫画のような格言があります。

これをわかりやすく略すと、『酔ったときに吐いても脱いでもやってもエヘヘ♡で許されるような大学の仲間内で、自分がどんなお酒をどれだけ飲むとどのような状態になるのか把握しておけよ。』という意味になります。

お酒というのはけっこう生活にまとわりついてくるものなのですが、お酒を飲んで失敗してはいけない場面が多々あります。
社会人なら仕事関係での失敗はもちろん厳禁ですね。
学生であっても、お世話になっている大事な先輩、狙ってる後輩女子、そういう人とお酒を飲むことになったとき、緊張したり調子に乗ったりして失敗したら悲惨です。

失敗した子がごめんねと謝ると、みんな口をそろえて言います。「別に気にしてないよ!面白かったよ!失敗しちゃうこともあるよ!」

けどね、これはしっかりしている人ほど、気にする場合が多いように思います。

なぜかというと、そういう大事な場面で失敗するというのは、自己管理能力が低い、人に迷惑をかけることを気にしていない、などの人間性に繋がるからです。仲間内なら「酔ってる~♡面白~い♡」で済みますが、仲間内以外では引く人が少なくないです。これを肝に免じましょう。おさけむつかしいね!

あとはね~、先輩や年上の人から「飲め飲め!」と言われる場面があります。そういうときの上手な躱し方も身につけておいたほうがいいです。これは相手によるので一概には言えないんですけど、なんか上手いこと言って自分の飲める量に収める技術は大切です。そんな感じかな!




以上、番外編も含め、以上サークルの選び方でした!みんなに良いサークルライフが訪れることを祈ります!


夢で逢えたらを聞きながら2600文字書いたみさとより

 - - - - - - - - 


2016年4月、この度ブログが移転しました!
お引越し先はこちらです。今後はこちらで更新していきます。

名古屋みさとが頑張るブログ

今までの古い記事も持っていっているので、他の記事はこちらでよんでいただけますと幸いです。
今後もどうぞよろしくお願い致します!