日曜日が一生終わらなければいいのに、会社に隕石が落ちればいいのに、こんばんはみさとです。


前回もジムの話をしたんですけど、来ているメンツやら服装やら準備の話で終わってしまい、実際のトレーニング内容にひとつもかすらなかったせいで「結局ジムでなにやってるのか教えてください」というLINEが鬼のように届きました。すいません。
まだ前編読んでないよって方は、時間があるときにさらっと読んでいただければ幸いです。




ということで今日はやっと後編、実際にジムに行ったときのお話をしたいと思います。


前回もお伝えしたのですが、私はポケモンのミルタンクにそっくりの体型をしているし、運動が大の苦手で腕立ても前転もスキップもできません。歩くことさえ嫌で、会社への通勤路にできるだけ歩かなくていいルートがないか模索して遅刻して偉い人にドン引かれたりしているので、正直ジム向きの人間ではないと思います。





そんな私が今回ジムを楽しく明るく続けるために、ひとつ作戦を立てました。




文字




そうです、運動なんかしたことない根暗のデブがゴリゴリにマシンを使ってムキムキになりたいと思ったらトレーナーさんに四六時中ついてもらわないと正しい筋肉を育てることができないだろうし辛いだろうし普通に無理。
そもそもそれが目的だったらパーソナルトレーニングジム(いわゆるライザップみたいなマンツーマンでクソ高いやつ)に行くべきだ!!!ここはコナミだ!!!と考えた私はマシンでエッサホイサするのとは別に、もうひとつのジムの特性『スタジオプログラム』に目を向けたわけです。

スタジオっていうのはですね、代表的なものでいうとエアロビみたいなやつです。スタジオでインストラクターの指示で頑張る系のレッスンで、私のような根暗にもわかるようにいうと体育の授業的なやつです。これがいろいろあるんですね。

EDMに合わせて格闘技の動きで殴りまくるやつ(つらい)とか、ペダルがクソ重い自転車で音楽をもはや無視して漕ぎまくるやつ(とてもつらい)とか。

今回はその中で私が一番初めに行ったEDMに合わせてバーベルを上げ下げするやつについて語りたいと思います。コナミでいうとボディパンプ(つらい)ね!




初日、受付を済ませ靴箱に向かったものの、そこからロッカーまでの行き方がわからなくて人に聞きまくったり、ロッカーの鍵が閉まらなくて15分くらいガチャガチャガチャガチャしたり、始まる前から向いてないな……帰りたいな……。と思いつつ全身一万円の無難を重視したコーデ(前編参照)に身を包みます。


ロッカーを出てそこらへんで準備体操をし、ちょっとだけ自転車を漕ぎ、館内をうろうろしていると、スタジオの前に行列ができていました。


一番後ろに並んでいたジムリーダーの雰囲気を醸し出す綺麗なお姉さんにこれはなんの列ですか?と訪ねると、

ジョシ1


というので、ジムリーダーにホイホイされてミルタンクも列に並んだわけです。後から聞くに、人気のあるプログラムが始まる数十分前には場所取りなんかのために列ができているんですね。常連さんはお疲れ~とか言って談笑していますが、スマホをいじりながら黙って待っている人も多いので、ジムなのにそこそこ不健康な雰囲気が漂います。


少し待っているとスタジオの扉が開き、ワァ~っと人が流れ込みます。ボディパンプというのはプラスチックのバーベルを軽快な洋楽に合わせて上げ下げする鬼のプログラムなので、場所を取ると皆バーベルの準備に奔走します。わたしはもちろんジムリーダーの隣に陣取ったわけですが、ジムリーダーがこのプログラムを仕切るインストラクターのお兄さんのところまで連れていってくれました。

innsuto1


ジムのインストラクターってイケメンって聞いてたけどそこらへんにいそうな塩顔でも体格の良さから8割増しでハチャメチャなイケメンに見える…すごい……と感動している私をよそにインストラクターさんがコレとコレとコレ、あとアレ、と準備するものを手渡してくれます。このレッスンの場合、バーベルの棒につける重りを自分で選べるんですね。「普段運動とかってされます?」「したことないです」という受け答えで悟ったインストラクターさんが一番軽いやつを選んでくれました。インストラクターさんは初心者に引くぐらい親切なのでみんな初めてのときは初めてって言おうね。


dannberu



私が完璧な準備を決めドヤっているとインストラクターの挨拶とともに軽快な洋楽が始まります。ほとんど常連さんなのでインストラクターさんとか常連さんを見ていればなんとなくついていけます。インストラクターさんにも初心者だと事前申告してあるのでむっちゃ丁寧に動きを教えてくれます。余裕。





と思っていたのは3曲目まででした。






jpg1











muttyaturasi2





普段運動をしない人間がバーベルの上げ下げを全8曲も続けるとどうなるか…足が生まれたての子鹿みたいになります。痙攣止まんなかったんだけどあれなに?エグすぎない?無理しちゃいけなくない?


あのインストラクターさんの笑顔が蘇ります…

innsuto2




ちょっとってそれ玄人の話やんけ…




震えまくる私にインストラクターさんが「キツイ人はバーベル置いてナシでやってくださいね!!!!!!」とヘッドセット越しに伝えてくるのですがこれバーベルのプログラムじゃんナシとかどういうことだよと無理をし続けた結果終わったときの放心が半端じゃなかったです。もうちょっとで生まれたての子鹿から生まれた後すぐこの世を去った子鹿になってた。危なかった。インストラクターさんは正しかった。


ただ個人的にこのバーベルの上げ下げは覚える動きが簡単なのと、筋トレと有酸素運動を同時にできることから今でも通っています。楽しいよ。無理すると子鹿になるけど。



それでさっき、『マシンなんか使うもんか、私はスタジオプログラムに生きる!!』っていう宣言をしたと思うんですけど、せっかくなのでチャレンジできそうな人はチャレンジしてってくださいね…!せっかくいっぱい器具あるのにもったいないからね…!

ジムでバイトしてた子からマシンについてアドバイスを貰ったんですけど、「インストラクターに正しい使い方を聞くことをおすすめします」とのことでした。理由は間違ってるお客さんに間違ってるとは言いづらいし、効果が出ないからだそうなんですけど言われてみればその通りだよね……!!
インストラクターからお客さんに「あ、あの…それちょっと腰の位置高すぎて負荷が…」とか言えないよね!!「う、うるせえあえてこうやってやってんだよ!!」みたいなこと言い返されたら申し訳ないしね!!

わたし自転車の使い方さえわかんなかったから、そこら辺にいた若いインストラクターさんに「すいませんこれどうやって使ったらいいですか…タッチパネルが…あと椅子の位置が…変で…」ってすごくアバウトな感じで聞いたらむっちゃテキパキ親切に教えてくれたので、あっこれから全部聞こう…って思いました。


そんな感じで週1でスタジオプログタムを受けて、前後に自転車こいだり好きなことをしてノロノロダラダラ通ってるんですけど、1月から始めて体重に関しては52kgから47kgまで減りました。お腹へっこんだよ。甘いもの食べるのやめたし、タンパク質いっぱい取るようにしたりもしてるからなんとも言えないんだけど、代謝が上がったっていうのも一因かもしれないですね。岩盤浴で汗全く出なかったけどむっちゃ出るようになったよ。
なんというか全く運動していなかったデブが若干通常に近づいた感がありますね。運動って大事なんだね。



ちなみに名古屋のコナミスポーツクラブは矢場町と星ヶ丘にあって、栄勤務とか、東山線沿いに住んでいる人はオススメです。
週一で通うなら法人会員の回数券がお得なので皆さんにお伝えしておきます。名古屋エリアだと一回1,500円ぐらいだよ。

別にコナミスポーツクラブの回し者ではないので、お家の近くだったり、値段が自分に合ってたりするところに通ってくださいね。わたしは正直お金さえあればライザップ的なやつに行きたいし今のところ気になっているのはワークアウトとトラストです。行ってる人どういう感じか教えてください。



ジムを体験した話、以上です。前後編と長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。こういう健全な体験話はもっとしていけたらいいなと思ってるので、次なにするか考えとくね。

それでは明日もジムなので、ムキムキになる夢を見ながら眠りにつきたいと思います。おやすみなさい!良い夢を!

 - - - - - - - - 

2016年4月、この度ブログが移転しました!
お引越し先はこちらです。今後はこちらで更新していきます。

名古屋みさとが頑張るブログ

今までの古い記事も持って行っているので、他の記事はこちらでよんでいただけますと幸いです。
今後もどうぞよろしくお願い致します!